経営事項審査や入札参加資格をお考えの皆様へ、経営事項審査のことならお任せ下さい!
  • 千葉県の経営事項審査はお任せ下さい!

経営事項審査や入札参加資格のことなら、お任せ下さい!

こんにちは。経営事項審査サポート@千葉を運営している杉森行政書士事務所の杉森正成と申します。このホームページを訪れてくださいまして、ありがとうございます。

ここでは、経営事項審査や入札参加資格の申請をしようと思われているみなさまのために、経営事項審査や入札参加資格の手続きに関するアドバイスを掲載しています。

お役に立てていただければ幸いですので、どうぞご参照ください。

行政書士 杉森正成

経営事項審査や入札をお考えのみなさま、こんな場合はご相談ください。

  • 初めて経審を受けたいんだけど…
  • 公共工事に入札するために経審が必要って聞いたんだけど…
  • 毎年経審を受けているけど、行政書士を替えたい…
  • 経営事項審査で売上アップしたい!
  • これまで自分でやっていたけれど、今後は専門家にお任せしたい!
  • 経審を受けることで、社会的な信用を得たい!

経営事項審査や入札参加資格の特徴

当事務所がお手伝いするのは、「経営事項審査」や「入札参加資格」、「決算変更届」といった公共工事を受注するために必要な手続きの代理を業務として行っております。

ときどき、自分で手続きをされている建設業者様をお見かけするのですが、特に経営事項審査申請は他の建設業許可関連の申請とは異なる特徴を持っていますので、その特徴を理解した上で申請する必要があります。

経営事項審査の特徴は何かというと、以下に記載するとおり、2つの大きな特徴があります。

特徴その1 点数で格付けされる
1つ目の特徴は、資本力・技術力・実績などを点数で格付けし、入札できる案件の規模を分けていることです。他の申請であれば、必要書類を揃えることで足りることも多くありますが、しかし、 経営事項審査は1点でも点数アップすることを前提に、必要書類を揃える必要があります。しかも、点数が何点アップするかは、自分だけではなかなか理解しにくいものです。

特徴その2 具体的な工事がどの工種に該当するか事前に把握しておく
2つ目の特徴は、事前にどの自治体・省庁の、どの工種の工事に入札するか知っておく必要があることです。通常の申請であれば、仮に間違った書類を提出すると、あとで他の書類と交換することができます。けれど、入札するには事前に建設業許可→経営事項審査→入札参加資格申請をしておく必要があり、そもそも入札したい工事の工種と異なっていた場合、書類を差し換えて済む問題ではないためです。

経営事項審査や入札参加資格の特徴のまとめ

以上をまとめると、経営事項審査は数字という多くの経営者が苦手としている分野のうえに、一度間違えると訂正が大変なことがお分かりいただけると思います。

だからこそ、書類作成のプロである行政書士に一度ご相談いただきたい。

当事務所は、千葉県・東京都・埼玉県を中心に、これから公共工事の入札をお考えの方を対象に、経営事項審査や入札参加資格申請の手続きのお手伝いをしており、上記のような経営事項審査の特徴を踏まえ、皆様がスムーズに入札参加できるように活動しています。

おかげさまで当事務所では多数の経営事項審査を扱っており、これまでの経験から審査のポイント(どのようにすれば評点アップができるか等)をつかんでいます。

そういった情報を皆様にお伝えし、スムーズに入札参加できるように安心・迅速・丁寧なサポートを行ってまいりますので、経営事項審査や入札参加資格申請について、疑問点や不安点などがございましたら、当事務所にご相談ください。ご相談は無料ですので、まずは一度ご連絡ください。

・電話:047-710-6885
・FAX:047-710-6890
・メール:sugimori@sugimori-office.com

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら

 

当事務所の特長・メリット

杉森行政書士事務所に依頼するメリットは?

杉森行政書士事務所がお約束する3つの安心サポート

■安心サポート 1 ■ 
あんしんの無料相談!まずはご相談ください。
■安心サポート 2 ■ 
専用ソフトを使った事前シミュレーションで評点アップ!
■安心サポート 3 ■ 
建設業者様をワンストップサービスで充実サポート

安心サポート1.あんしんの無料相談!まずはご相談ください。

経営事項審査を受けるか迷われている方にも入札参加のメリット、デメリットを説明した上で最適なプランをご提案させていただきます。ご相談は完全無料で行っておりますので、まずはご連絡ください。

経営事項審査や入札資格参加申請をお考えのみなさまは時間も限られていると思います。当事務所では、ご来所いただくことなく、フットワーク軽く、お客様先にお伺いして、じっくりお話しをお伺いし、スピーディーに対応します。また事前のご予約により、土日祝や早朝・夜間にも対応させていただきます!

安心サポート2.専用ソフトを使った事前シミュレーションで評点アップ!

当事務所では専用ソフトを導入し、得点シミュレーションや入札ランク予想を行っております。またお客様のニーズに合わせて得点アップのコンサルティングもサービスもご用意しています。

専門家に依頼すると高額な費用を請求されるかもしれない・・・と思う方もいるはずです。私たちも専門サービスを提供するわけですから、その費用はたしかに決して安くはありません。(破格に安いサービスにはそれなりの理由が必ずあります。)

しかしそれでも安心してご依頼いただけるよう、費用は事前に分かりやすく説明します。もし費用を提示した後にお断りいただいても全く構いません。後日、電話で催促なども一切いたしませんのでご安心ください。

安心サポート3.建設業者様をワンストップサービスで充実サポート!

建設業を営んでいる場合、経営事項審査だけではなく、建設業許可や入札参加資格申請、決算変更届なども必要になってきます。

当事務所では建設業許可 → 決算変更届 → 経営事項審査 → 入札参加資格申請まで一貫してサポートしています。

また事業融資や他士業と連携し、法人登記、役員変更なども対応しております。必要な場合は、税理士や社会保険労務士、弁護士なども無料でご紹介していますので、そのようなご不安やご心配もありましたら、ご相談いただけます。

依頼手順・報酬額表

ご依頼の手順

1.ご連絡

TEL: 047-710-6885 まずはお電話でご相談ください。
FAX: 047-710-6890 ファックスは24時間受付OK。
Mail: sugimori@sugimori-office.com Eメールでのお問い合わせもOK。

無料メール相談はこちら

2.面談

□ ご説明と確認
□ 委任状への押印
□ 報酬・費用のお支払い案内

3.申請準備

□ 裏付け資料のご準備
□ 経営状況分析申請
□ 経営事項審査申請書の作成

4.書類審査

□ 千葉県庁にて書類審査
※ 書類審査の後、約45日で「結果通知書」が送られてきます。

報酬額表

・ 経営事項審査申請サービス 報酬額:9万円 (初回のみ11万円)
別途、経営状況分析手数料、経営事項審査申請手数料が発生します。
 
・ 決算変更届サービス 報酬額:4万円
注文書、注文請書、請求書、通帳コピーはお客様にご準備いただきます。

・ 経審シミュレーション 報酬額:3万円~
評点アップコンサルティングを行った上で、専用ソフトにより評点シミュレーションを行います。
 
・ 入札参加資格申請サービス 報酬額:4万円 (電子証明書の代行取得はプラス1万5千円)
1自治体追加につき、プラス5千円かかります。システムが異なる場合はプラス4万円かかります。また電子証明書の代行取得はプラス1万5千円。別途、発行手数料が発生します。
 
・ 電子入札設定・準備一式 報酬額:4万円
公共工事の電子入札をするにあたり、お持ちのPCに専用ソフトをインストールし電子入札できる体制を整えます。

※ 別途、消費税・郵送費・交通費など実費がかかります。

経営事項審査など事例のご紹介

当事務所のクライアント事例をご紹介します

はじめての経営事項審査申請手続き

【経営事項審査申請手続き概要】

業種 管工事
法人形態 有限会社
地域 千葉県
相談~申請までの期間 約3週間
コメント 代表お客様にとって初めての経営事項審査だったため、3年分の 書類を収集していただく必要がありましたが、迅速に対応していた だけたため、スムーズに経営事項審査申請ができました。

はじめての入札参加資格申請手続き

【入札参加資格申請手続き概要】

業種 管工事
法人形態 有限会社
地域 千葉県
相談~申請までの期間 約1週間
コメント 電子証明書の取得も含めてのご依頼でした。ご依頼者にとって 初めての入札参加資格申請でしたが、短期間での申請ができまし た。

その他の経営事項審査事例を見る

よくある質問・FAQ

相談について

Q1.どの地域に住んでいる人が相談してもいいのですか?

いえ、基本的には千葉県、東京都、埼玉県のお客様のみお受けしています。関東でも、遠方の場合は面談ではなく、電話やメール、FAXを使って対応いたします。

Q2.無料相談はどの範囲までですか?

当事務所では、面談相談を無料で行っております。相談の中でご納得いただいて、書類作成するフェーズに入りましたら、報酬が発生します。

Q3.相談の際に持っていくものはありますか?

面談にてお持ちいただく資料は下記です。可能な限り揃っていればより、具体的なアドバイスをすることができます。

経営事項審査/初めての申請の場合

・法人税の確定申告書3期分
・建設業許可の許可通知書
・建設業許可申請書
・決算変更届副本3期分
・技術職員の常勤性確認資料
・技術職員の資格証など
・法定保険に加入していることの証明
・消費税確定申告書3期分
・消費税納税証明書(その1)3期分
・工事の裏付け書類
・その他、建設機械の保有状況がわかる書類、ISOの登録を証明する書類など

入札参加資格申請/初めての申請の場合

・法人の印鑑証明書
・法人の履歴事項全部証明書
・税務署発行の法人税並びに消費税及び地方消費税の納税証明書(その3の3)
・県税事務所発行の千葉県税の完納証明書(納税証明書その2)
・建設業労働災害防止協会加入証明(※加入している場合のみ)
・各種建設業団体の加入証明書(※加入している場合のみ)

Q4.会社に来て相談を受けていただけますか?

はい、当方がお客様の会社にお伺いすることも可能です。その場合も無料で対応いたします。

Q5.面談相談には、予約が必要ですか?

はい、すべての面談はご予約の上で、承っております。ご予約については、電話・FAX・メールなどでご都合の良い日時をお知らせください。3つほど候補を挙げていただけるとスムーズです。

通常は翌日から1週間以内のうち、空いている時間で調整させていただきます。ご予約なしに来所いただいても、お客様先への訪問など事務所を留守にしている場合もあるため、面談対応はできませんので、あらかじめご了承ください。

報酬について

Q6.報酬はいつ、どのように支払えばいいですか?

報酬は、全額前払いでいただいています。お支払い確認後に、業務に着手いたします。

Q7.報酬の割引はしてもらえますか?

通常、報酬の割引はおこなっておりませんのでご理解ください。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら

 

ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

経営事項審査や入札参加資格申請をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、経営事項審査申請はもちろん、入札参加資格申請や決算変更届などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。→事務所紹介・プロフィール
PAGETOP